安心してください、発散フェーズですよ!

これが最初のエントリーです。ブログを始めるにあたって「発散」ということを意識してみようと考えています。

「発散」について

発散プロセスについて

「アイデア出し」において、発散・収束というプロセスがあります。まずはいろんな視点/観点で、ダーッとアイデアを出していく過程が「発散」。その後に、出したアイデアをまとめて絞り込んでいく過程が「収束」です。

発散を意識する効果

ブログや日記には、「三日坊主」が付き物です。私もそれで何度もブログを潰してきました。三日坊主になる原因はちゃんと書かないと!」「キレイにまとめないと!」という、一種の強迫観念だったりします。

会社でアイデア出しをしている時に、なかなかアイデアが出てこない人は、大概この罠にハマっています。「こんなの”アイデア”って呼べるほどじゃないな…」「こんなこと言ったら笑われるかな…」って。

でも、キレイにまとめるのは「収束」で行うことなんです。なので、最初はおもいっきり「発散」することを心がけた方が、結果的に発想も広がります。

「点」について

発散して「点」を打つ

このブログは、アイデア出しではないので、ムリに「収束」させる必要はありません。まずはどんどん発散して「点」を打っていきたいと思います。

「点」というのは、自分にとっての”真実”とでもいいましょうか。カジュアルな表現だと、”好きなもの、楽しいこと”ですね。自分にとって”価値がある”と感じられることです。

「点」が繋がる

「点」をたくさん打っていくと、いつかはそれらが繋がって、何か価値のあるものが生まれるハズです。先ほどのプロセスだと「収束」に当たるものですね。ただ、これも元となる「点」がたくさんあってこそです。ですので、今は「点」を打つことに専念します。

ジョブズのメッセージ

スティーブ・ジョブズも、スタンフォード大学でのスピーチで「点と点を繋げる」ことの大事さを伝えています。

ジョブズの話を受けて、「点と線」を分かりやすく示した画像を見つけました。私がオートシェイプで作成した絵に比べて、センス抜群ですね!(笑)

【点と線】知識と経験と創造の違いを1枚に表した画像が話題に!

このエントリーで言いたかったこと

ここまで「発散」「点」の話をしてきたのは、実は”予防線”です。

この後、好き勝手に変なことを書いたとしても、それって「点」だから大目に見てあげてね!

…ということです(笑)

さて、予防線も無事に張り終えたので、次からはもう少しリラックスして書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA